×

CATEGORY

HOME»  お役立ち情報»  陶器と磁器の違いやそれぞれの扱い方~瀬戸焼の置物なら加藤陶器へ~

陶器と磁器の違いやそれぞれの扱い方~瀬戸焼の置物なら加藤陶器へ~

陶器と磁器に分別される瀬戸焼。「焼き物」とひとくくりにされがちですが、どちらも日本に古くから伝わる伝統食器です。丁寧にお手入れすることで、食器だけでなく置物などのインテリアも長く愛用できます。

陶器と磁器の違いは?

陶器と磁器の違いは?

陶器は「土もの」と呼ばれるように、土を原料として製作される焼き物です。ざらざらの質感が特徴的で、吸水性に優れています。磁器は「石もの」と呼ばれ、陶石が原料となっています。

強度もあり吸水性もないので比較的扱いやすい焼き物です。絵付けや金などの装飾があるもの以外は、電子レンジでも使用できるものがあります。瀬戸焼の陶器と磁器の主な違いは使われている素材にあると言えるでしょう。素材が違うため、硬さにも違いがあります。

陶器と磁器を重ねて収納すると傷がつく恐れがあるので、別々に収納するのがおすすめです。

陶器の特徴と扱い方やお手入れ方法

陶器は水分や湿気を吸収しやすいため、購入後使用する前に30分程度水に浸けておくと良いでしょう。

汁ものや揚げ物の水分や油分の吸収を抑えることができ、また煮沸すると器を焼き締めることができます。使った後は早めに洗い、よく乾かします。お米のとぎ汁を使用するのもおすすめです。

乾かさないで収納してしまうと、カビの発生の原因となります。陶器は水分だけでなく匂いも付着しやすいのでお手入れが大変ですが、しっかりお手入れすれば、長く使えるのが特徴です。また、保温性にも優れています。

磁器の特徴と扱い方やお手入れ方法

磁器の特徴と扱い方やお手入れ方法

磁器の見た目は素材の粒子が細かくつるっとした表面が特徴です。磁器には保温性や吸水性がありません。そのため、水気を拭きとったらすぐに食器棚へ戻すことができます。

洗うときは柔らかめのスポンジで優しくこすり洗いをしますが、漂白剤の使用は避けるようにしましょう。磁器は陶器と比べ、匂いや色の移りも心配不要なので、取り扱いやすい食器です。

扱い方や素材に違いはあるものの、どちらも素敵な瀬戸焼です。瀬戸焼の置物をお探しなら、加藤陶器をご利用ください。加藤陶器でも瀬戸焼の置物をお手頃な料金で多数取り扱っております。

通販から簡単にご注文できますので、商品や注文方法について何かご不明点などがあれば、お気軽にお問い合わせください。

瀬戸焼の置物をお探しなら加藤陶器へ

会社名 加藤陶器
住所 〒489-0955 愛知県瀬戸市南ケ丘町144
電話番号 / FAX番号 0561-21-2211
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日
取扱商品 陶器
メールアドレス info@katotoki.jp
ホームページ https://www.katotoki.jp/

CATEGORY

MENU