×

CATEGORY

HOME»  お役立ち情報»  縁起物として有名な招き猫の由来と生産のはじまり~瀬戸焼の陶器をお探しなら~

縁起物として有名な招き猫の由来と生産のはじまり~瀬戸焼の陶器をお探しなら~

陶器でできた招き猫は、インテリアやオブジェとして飾る方も多いと思います。縁起物として知られている招き猫は、どんな理由から福を招くと言われるようになったのでしょうか。こちらでは、招き猫が福を招く理由と招き猫の生産のはじまりについてご紹介いたします。

招き猫が福を招くと言われる由来

招き猫が福を招くと言われる由来

猫は昔から福を招くと言われていましたが、その由来は諸説あります。

猫が住み着く家=商売繁盛

陶器の招き猫が置かれたお店を見たことがありませんか?招き猫は商売繁盛という意味も持っています。昔は建物の中にネズミが繁殖することが多く、作物に影響をもたらすことが多々ありました。

そのためネズミを駆除する猫が住む家は、商売繁盛するという風に言われていたのです。ただ、当時(江戸時代)は猫の数が非常に少なく、呼び寄せるのは困難だったため、手書きの猫を店内に飾ったりしていたのが招き猫のはじまりとされています。

招き猫伝説のある豪徳寺

昔、井伊直孝という人物が豪徳寺の前を通った際、門の前で手招きをしている猫を見つけたそうです。そのままお寺に入ったところ、急な雨に見舞われずに済んだことを大変うれしく思いました。

その後、三毛猫が手招きをしているので、誘われるがままその場を離れると、その木に落雷があり、命拾いをしたそうです。それがきっかけで、招き猫は幸運を呼ぶ縁起物とされ、豪徳寺にはたくさんの招き猫が置かれています。

瀬戸焼での招き猫生産のはじまり

瀬戸焼での招き猫生産のはじまり

瀬戸焼での招き猫の誕生は、明治30年の後半と言われています。ヨーロッパから明治時代に石膏型製法が日本に伝わってきました。

その製法を利用し生産されたのが瀬戸ノベルティと呼ばれるもので、それを応用したものが瀬戸焼の招き猫と言われています。

そんな瀬戸焼の招き猫は、瀬戸市を代表する伝統工芸品となっています。加藤陶器の招き猫は、瀬戸市のふるさと納税の返礼品にも選ばれました。その他、お土産やプレゼント、お祝いの品として様々なシーンでご利用いただいています。

招き猫がなぜ福を招くのかは色々な説があります。長い歴史を経て今の形になった招き猫ですが、時代を超えて愛され続けている縁起物です。

加藤陶器で取り扱っている招き猫は、職人が手作業で仕上げた良質なものばかり。料金もお手頃な価格なので、ぜひご利用ください。

縁起物として有名な招き猫の陶器をお探しなら加藤陶器へ

会社名 加藤陶器
住所 〒489-0955 愛知県瀬戸市南ケ丘町144
電話番号 / FAX番号 0561-21-2211
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日
取扱商品 陶器
メールアドレス info@katotoki.jp
ホームページ https://www.katotoki.jp/

CATEGORY

MENU